タイトル画像

エレキギターがらみの機材紹介と自演動画/音源の紹介&戯言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2ブックマーク
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

MORLEY BAD HOUSIE 2 (#028232)

今日はMORLEYのペダルワウBAD HOUSIE 2を紹介します。

これはご存知STEVE VAI氏のシグネチャーモデルで、初代BAD HOUSIEの改良版と言っていいでしょう。
普通のワウと違って光センサーによるON/OFFなのでガリノイズやスイッチング音に悩む必要がありません。

DSC01719_convert_20100214235701.jpg

LEVELコントロールが付いていてこれがなかなか重宝します。
初代と異なる点がCONTOURスイッチ&コントロールの存在なのですが、これはTONEコントロール的な物で時計回りに回すとトレブリーになっていきます。
逆にCONTOURがOFFの状態だと比較的マイルドなワウサウンドが楽しめます。

DSC01721_convert_20100214235759.jpg

ペダル可動部です。
スプリングの反発を使ってまして、これのおかげで分解すると再び組み上げるのが大変面倒になります(笑
見難いですが、ペダルを上下する事によって写真中央の薄い板の様な物が本体のスリットに入り、これが光を通すか遮るかでワウのON/OFFをコントロールします。(光を遮るとON)
実はシンプルな構造ですが良く考えられてると思います。

DSC01718_convert_20100214235254.jpg

中身の写真はあまり見たことが無いので貴重かと・・・。
一般的なワウの基板とはだいぶ異なった作りに見えますがどうなんでしょう?ただ単にレイアウトが違うだけなのかもしれませんね。。
中央下側に見えるのが光センサー部で前述のスリットが確認できると思います。

DSC01722_convert_20100214235920.jpg

9Vバッテリー(乾電池)が使えます。

DSC01726_convert_20100215000021.jpg

S/Nっぽいのがこれしかなかったので・・・“028232”




このワウはその優れた操作性からLIVE時に使うことが多いです♪
特に曲中ずっと踏んでるファンク調のカッティング等では普通のワウより足首への負担が少ないのでギターを弾くのに集中できます!
そういった曲ではこれの出番ですね♪

音自体は意外にオーソドックスで、なんというか・・・棘が無い感じです。
ヴァイさんのサウンドを聴くと解るんですが、彼のワウサウンドは派手なプレイとは対照的にハイミッドが良く通る温かい音です♪
このBAD HOUSIE 2はそんなヴァイさんらしい性格付けがされた名機だと思います。
トーンカーブも独特であまりピーキーな感じではないのがワタシ好みです♪

現在BUDDA BUD-WAHをメインにしていますが、状況次第ではこちらを使う事もあります。
ただ難点もありまして・・・半止めが出来ない、いや出来ない事は無いですが踏み続けてないといけないという・・・それとペダルから足を離してワウ効果が消えるまでのタイムラグがあります(実は調整できます)ので、これをストレスに感じる人には向かないでしょう。

何はともあれ光センサー式は便利です!
LIVEで一度使うともう手離せません
さすがヴァイさん!!




MORLEY(モーリー)/STEVE VAI BAD HORSIE 2
MORLEY(モーリー)/STEVE VAI BAD HORSIE 2

スポンサーサイト
FC2ブックマーク

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

  1. 2010/07/24(土) 05:39:50|
  2. エフェクター(フィルター系)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

VOX V847 (#VOX 01 B 339)

VOXのペダルワウV847です。

たいへんポピュラーなワウなのであまり説明は要りませんね。
ご存知JIM DUNLOPのGCB-95と双璧と言えるでしょう♪

DSC02137_convert_20100515213717.jpg

ひと目で“VOX”と解る外観が素晴らしい!
ルックスでこれに適うワウは無いと思えるほどのインパクトがあります!

DSC02138_convert_20100515213851.jpg

MADE IN U.S.A!
え!米国製ですか??

DSC02199_convert_20100621133847.jpg

定番(?)の片ゴム足・・・実は両方紛失したのでBUDDAから移植しました(笑
私的にこちら側(向かって左側)を残した方がON/OFFが楽なような気がします。

DSC02139_convert_20100515213950.jpg

中身♪
電源アダプターは使用不可!

DSC02140_convert_20100515214046.jpg

無改造ですのでトゥルーバイパスではありません。

DSC02141_convert_20100515214215.jpg

基板がシンプル♪

DSC02142_convert_20100515214401.jpg

“VOX 01 B 339”がS/Nでしょうか?
ちょっと自信無いです。。




前回紹介したBUDDAのBUD-WAHをメインで使っているのでリハ等で使用することは無くなりましたが、以前はメインで使っていました。

特徴は、世間一般で言われてる通り、CryBabyに比べるとマイルドな効果・・・具体的に言うとトレブルがおとなしめという事です。
巷では、CryBabyは「ギャウギャウ」でV847は「クワックワッ」などと表現されることが多いですが、まったくその通りだと思います。
実際、BUDDAよりもマイルドですから・・・。

BUDDAに比べると格段に音痩せし、二台を使い較べてみるとトゥルーバイパスの恩恵を感じ取ることができます!

悪いとこばっかで「良いトコ無しかよ?」って突っ込まれそうですが、もちろんありますよ(笑

なんだかんだ言って音は良いです!
独特の色気があるんですよね~♪
BUDDAの太くて芯のある音に対して、繊細で女性的な音なのではないかと思います。

そして一番のポイントはトーンカーブ。
緩やかで均一なカーブでして、<ペダルの踏み込みに対して自然に音色が変化してくれます♪
これはBUDDAとは全く異なっていまして、あちらは踏み込んでいくと最後の方で急激にトレブりーになりますが、V847にはそれが無く最後まで自然な変化です♪
恐らく、世のVOX派はこの辺を気に入って手放せなくなってるのはないでしょうか??

トーンカーブはそのままでバイパス改造してみたいなぁ~と思っています♪

間違いなく名機ですよ~!!




VOX(ヴォックス)/V847-A
VOX(ヴォックス)/V847-A

現行モデルは品番に“-A”が付いて電源アダプター仕様に変更されたようです。

FC2ブックマーク

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

  1. 2010/07/07(水) 20:10:21|
  2. エフェクター(フィルター系)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

BUDDA BUD-WAH (#AB05H003)

BUDDAというメーカーのペダルワウBUD-WAHです。

エリックジョンソン氏やレニークラビッツ氏といった有名どころが使用して一躍有名になったので、ご存知の方も多いかと思います。

メインで使ってるワウです♪

DSC02125_convert_20100515211319.jpg

一般的な形の筐体ですがラバー部の溝が横方向なのと紫色のカラーが外見上の特徴です。

DSC02126_convert_20100515211634.jpg

BUDDAのエンブレム、カッコ良くないですか!?
スイッチングのクッションゴムは片側を外して使い易くするのがお約束ですね♪

DSC02127_convert_20100515212052.jpg

ギヤ部にはグリスがベッタリ!

DSC02134_convert_20100515213220.jpg

9Vアダプターが使用できるのでシールドを挿しっ放しに出来ます。
これが結構重宝します!

DSC02128_convert_20100515212411.jpg

更にバッテリーボックス付きとは・・・痒いところに手が届く感じですね♪

DSC02130_convert_20100515212625.jpg

中身はこんな風になってます。

DSC02131_convert_20100515212717.jpg

基板です。
一番大きい銀色の寸胴鍋をひっくり返したような物が最重要パーツであるインダクターです。
インダクターというとFAZEL製の物が有名ですがこれは自社製だそうです。

DSC02132_convert_20100515212942.jpg

BUD-WAHの売りの一つが3PDTスイッチによるトゥルーバイパスです♪

DSC02133_convert_20100515213134.jpg

S/Nは“AB05H003”




ワウは色々浮気してきましたがこれを手に入れてやっと落ち着きました♪
一番自分に合ってるワウだと思います。

その理由は

①バイパス音の劣化が少ない事
②バイパス音との音量変化が少ない事
③バイパス音と極端に音色が変わらない事

になります。
どれもがバイパス音絡みですが、ワウの問題点ってココだと思いますしねぇ。。

特に③は好みの世界ですねぇ。
言い換えると・・・効果が薄いって事ですから。

もっと極端な音色変化が欲しい人にはFAZEL赤インダクター搭載のクライベイビーとかの方が良いと思います。
コレはどちらかというとVOXのワウに近い音色を持ってると思いますが、それよりミッドローが頑張るので太く感じます!

ワタシは
「ワウ掛けてますよ~!!」
って感じで使用するタイプじゃないのでこういったタイプが大好物です♪

もしかして・・・他のワウよりも人の声に近いニュアンスが出せるんじゃないかなぁと密かに思ってます♪




BUDDA(ブッダ)/BUDDA WAH
BUDDA(ブッダ)/BUDDA WAH

思いっきりデザイン変更されてました(笑
オリジナル筐体になったんですね♪
賛否両論あるでしょうが、オリジナリティーを出すのは良い事だと思います。
個人的にはこれも非常に欲しいです!!

関連動画

自演動画 【BUDDA BUD-WAHでラテン気分で♪】


FC2ブックマーク

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

  1. 2010/05/15(土) 23:37:34|
  2. エフェクター(フィルター系)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

KORG AW-1 (#NO SERIAL)

KORGのクリップ式チューナーAW-1です。
基本的に家&リハスタではこれを使っています。

DSC01997_convert_20100402024040.jpg



DSC01998_convert_20100402024304.jpg



DSC02000_convert_20100402023652.jpg

乾電池駆動で、画像にあるCR1220を使用します。

DSC01999_convert_20100402024356.jpg

ここに

DSC02001_convert_20100402024657.jpg

こんな感じ♪
『マイク』と『ピエゾ』の切り替えができますが、ギターの場合は『ピエゾ』ですね。
『リヴァース』ってのは音程の高低を逆に表示できる物ですが、ワタシは使いません。

DSC02003_convert_20100402024757.jpg

シンプルで見やすい液晶が◎!

DSC02004_convert_20100403042112.jpg

こんな感じで使用します♪

DSC02005_convert_20100402025013.jpg

ハードケース付属です。

DSC02006_convert_20100402025103.jpg

開けるとこんな感じ♪
本体とクリップ二つを同梱。
ギター用と管楽器等用でクリップが違います。

DSC02007_convert_20100402025210.jpg

解り辛いですが、本体側のスリット部にクリップを差し込むようになっています。




これは大変重宝してます!
チューナーって音質劣化の元になりやすいので極力繋ぎたくないんですよ。。
「だったら繋がなきゃいいじゃん♪」的な発想ですよね、コレ♪

コンパクトで重量も軽く、ギターに付けっぱなしでも違和感はありません!
ただ、落としても気づかないので注意は必要ですね。。
安い買い物じゃないので無くしたくないからリハスタではずっと付けっぱなしです。
アンプの上に置いたりすると・・・家に帰ってから・・・汗・・・みたいな(笑

現在は後継機種のAW-2に代わってるのであまり売ってるのを見なくなりました。
AW-2は使用乾電池も代わり、バックライトが点灯するようです!
ちょっと悔しいですね(笑

でもルックスはAW-1の方が良い様な気がします♪

失くさずに、壊れるまで愛用していきたい逸品です。




関連動画

自演動画【KORG AW-1を使ってみました】&【おまけ (MORRIS F-20)】

FC2ブックマーク

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

  1. 2010/04/03(土) 01:00:00|
  2. アクセサリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

MAXON CS550 (#093VSC049)

MAXONヴィンテージシリーズのアナログコーラスCS550です。

どうしても自分好みのコーラスが欲しくて購入しました。

DSC01984_convert_20100329040527.jpg

ツマミは『SPEED』『DEPTH』『D-TIME』の3つです。

DSC01985_convert_20100329035439.jpg

筐体に角度が付いているので、フットスイッチを切り替える際に誤ってツマミの位置を換えてしまうトラブルを避けることが出来ます。
INPUTは一つ。

DSC01986_convert_20100329035652.jpg

OUTPUTは『A』『B』の2つ。
ステレオ仕様です。

DSC01987_convert_20100329040905.jpg

この位置に『M-LEVEL』というツマミがありますが、これはミキシングレベルつまりエフェクトのかかり具合を調整する物です。

DSC01988_convert_20100329043557.jpg

AD999より1世代新しいので若干仕様が違います。
是非見比べてみてください♪

DSC01989_convert_20100329035854.jpg

S/Nは“093VSC049”です。

DSC01991_convert_20100329040033.jpg

内部(基盤)をお見せしたかったのですが、仕様変更でネジが専用工具でしか開けられなくなってしまいました・・・残念。。

DSC01834_convert_20100306205545.jpg

10V仕様の専用ACアダプターが付属してます。
9Vでも作動しますが、効果が薄くなります。。




音の特徴は『太い』『熱い』『広い』でしょうか・・・。
M-LEVELがMAXだとかなりエグいですが、上手に微調整する事により様々なシーンに対応してくれると思います♪
もちろんトゥルーバイパスなのでDRY音との切り替えもストレス無く行えます!
残念ながら初心者向けとは言えませんが、音が気に入ってしまえば買いでしょう♪




関連動画

自演動画 【BUSKER'S BCH-4 vs MAXON CS550 コーラス対決!?】
自演動画 【MAXON CS550&AD999で『虹』を~♪】





MAXON(マクソン)/CS550
MAXON(マクソン)/CS550

FC2ブックマーク
  1. 2010/03/30(火) 03:43:00|
  2. エフェクター(揺らし系)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。